【初級編】ホテル業界でキャリアアップを狙おう!どんなポジションがある?教えて!

ホテル業界では、キャリアアップをしないと給料はなかなか上がっていきません。役職なしでは、歳をとっても低収入のままなので、キャリアアップは積極的に狙っていくべきです。そこで、実際にどのような役職があり、どうすればそれになれるのかをご紹介していきます。

まずはみんな〇〇からスタート

新卒として入社した時は、みな役職なしの一般スタッフからのスタートとなります。シティホテルの宿泊系の場合、先ずはベルサービスやハウスキーパーに配属されるケースが多いでしょう。その後フロントに移り、そのままずっとフロントということもあれば、宿泊予約やコンシェルジュに異動することもあります。また営業を希望した場合、主に宿泊をセールスする部署に異動することもあります。また料飲系(飲食のサービス)の場合、レストランか宴会の配属に分かれます。その後レストランから宴会へ異動することもあり、またはその逆もあります。こちらの部署を経験して営業に移った場合、主に宴会をセールスする部署へ異動することが多いでしょう。また婚礼受付(ブライダルコーディネート)に異動するケースもあります。 そうして、現場の仕事を十分こなせるようになれば、次第に他のスタッフへ指示を出すポジションへと移行してきます。それがキャリアアップへの第一歩です。

ホテルの役職はこうなっている!

ホテル業界で、キャリアアップを目指す際、ひとつの大きな目標となるのがマネージャー職です。宿泊部門や営業部門といったひとつの部署の中で例えばフロント課とか宴会セールス課を管理するのが仕事です。サラリーマンで言えば、係長か課長に相当します(ホテルによって異なる)。 マネージャーになるためにはチーフ(スーパーバイザー)、次にアシスタントマネージャーなどホテルによって呼称は違いますが一段ずつ昇進していく必要があります。就職したホテルで実績を積み上げて徐々に昇進していくのもひとつの手段ですが、アシスタントマネージャーなどまで昇進したのち、他のホテルに転職するという手段も一方ではあります。部門別マネージャーの募集は比較的多く、特に、新規オープンのホテルでは1度に複数の求人を出すので大きなチャンスとなります。大事なのは、その時までに実績を積み重ね、チャンスをものにできるだけの実力を身につけることです。

他にもこんなポジションが!

マネージャー職を手に入れたならば、その次はディレクター(またはダイレクター、部長職)になりますが、最終的に目指すところは支配人や総支配人ということになります。ホテルに関するすべての管轄権が与えられます。しかし、この職はマネージャーとは違い、求人募集が公開されることはめったにありません。要職であるが故に、秘密裏に選定が行われる狭き門です。 また、管理職を目指すよりも、生涯現場で働きたいという人には、スペシャリストという選択肢があります。営業部部門のブライダルコーディネーター(ウェディングプランナー)や宿泊部門のコンシェルジュなどがそれに当たります。いずれもホテルの花形的存在であり、非常にやりがいのある仕事です。しかし、スペシャリストだけに管理職以上に自分の実力が試される厳しい世界です。

この記事を書いたのは

okuizumi

奥泉 剛

大手ホテルチェーンの都内シティホテルにて、法人宴会セールスに従事。その後、派遣業界に身を投じ事務系や料飲系派遣の営業として勤務。現在は(株)INGにて転職相談責任者としてコーディネート業務



ホテル採用.com

ホテル業界での転職をご希望する方々のための転職・派遣情報サイト

人材コンサルタントによる「採用に導くための」模擬面接(要 予約)が面接本番での自信となります。

ホテル求人ドットコム

企業の人事採用担当者がリアルタイムで直接発信する確かな求人情報サイト

応募から採否までの時間経過を意識し明確な答えを出します。