WEB面接の合格率アップ!初めてのWEB面接でも困らない[WEB面接Vシート]無料配布

新型コロナウイルス感染症の影響もあって、近年オンライン面接を採用する企業が増えてきています。私たちが運営するホテル求人ドットコムでは数年前から求職者の方々に面接合格率アップツールの「面接Vシート」を配布していましたが、Web面接でも困らないようにオンライン面接に特化した「WEB面接Vシート」が完成しましたのでご案内いたします。

オンライン面接に挑む際にぜひお役立てください。

Check Point ! 

事前準備をしっかりする。

  • 企業から指定のWEB面接用アプリ(ソフト)がある場合、面接アプリのインストールや操作の確認、音声・映像の確認を予め行っておきましょう。
  • アカウントを取得したら、アカウント及び緊急連絡先を事前に企業に伝えておくといいでしょう。
  • 資料やメモなどを用意したい場合は、印刷して壁に貼るなどスムーズに面接に臨めるよう事前の準備をしっかりしましょう。
  • また、面接官から連絡事項を伝えられることもありますので、筆記用具を手元に用意しておくといいでしょう。

インターネットの接続環境が安定した静かな場所で面接を受ける。

  • Free Wi-Fiスポットやインターネットの電波が弱い場所などインターネット環境の不安定な場所では、途中で急に音が聞こえなくなったり、音声のタイムラグが起こる可能性があるうえ、最悪の場合接続が切れてしまうこともあります。ルーターの近くやインターネットの電波が常に強い場所を探しておきましょう。電子レンジの影響も受けやすいので注意が必要です。
  • 周りの音が面接官に聞こえてしまう可能性がありますので、静かな場所や個室がお勧めです。また自分の部屋で面接を受ける場合は途中で声をかけないよう予め家族へ予定を伝えておくといいでしょう。
  • その他、着信音や通知音等を発するパソコンやスマートフォンの他のソフトやアプリは、事前にオフにしてWEB面接専用に切り替えましょう。

部屋の照明やカメラの位置を確認する。

  • 昼間でも映りが暗くなる場合がありますので、部屋の照明は点灯しておくといいでしょう。また、カメラに余計なものが映らないよう、背景にも気を配ることをお勧めします。
  • 面接を受ける前に自身の目線とカメラがまっすぐになるようにWEBカメラ、ノートパソコンやスマートフォンのカメラの位置を確認しておくといいでしょう。角度によっては猫背に映ってしまう場合もありますので注意!

スマートフォンで面接を受ける場合はしっかり固定をする。

スマートフォンを持ちながらの面接は画面が揺れてしまうためお勧めできません。顔や上半身がきちんと映る位置に固定し面接を受けることをお勧めします。

面接時の目線に注意する。

  • 「画面」ではなく「カメラ」を見て面接を受けましょう。画面を見ていると違うところを見ているように映ってしまいますので、カメラを見ながら話すようにするといいでしょう。
  • 面接中は目線も下がり、クリック音やタイピング音も相手に伝わってしまいますので、パソコン操作はしないようにしましょう。

服装・身だしなみを整える。

WEB面接であっても通常の面接と同じくスーツをお勧めします。第一印象はとても大事です。髪型やメイク、アクセサリーにも注意しましょう。

プロフィール画像やホーム画面の写真を確認する。

服装と同じく、WEB面接用アプリ(ソフト)のプロフィール画像(写真・アイコン)やホーム画面の写真も第一印象に直結しますので確認しておくことをお勧めします。

話すスピードや声の大きさに気を付ける。

自分が思っているよりも小さい声になっていたり、緊張で早口になってしまう場合があります。対面と比べると話が聞き取りづらいため、普段より大きめの声で、できるだけはっきりとハキハキと話すようにしましょう。

途中で接続が切れてしまっても慌てずに!緊急連絡先を確認しておく。

途中で接続が切れてしまう事は避けたいですが、もしも途中で接続が切れてしまっても冷静に対応する事が大切です。 どうしてもすぐに再接続ができない場合は、至急採用担当者へ連絡し状況とお詫びを伝え今後について確認しましょう。また、不測の事態に備え、緊急時の連絡方法(緊急連絡先)を企業に確認しておくことをお勧めします。

挨拶を忘れずに!

  • WEB面接であっても対面面接と同じです。面接開始時には「宜しくお願いいたします」と終了時には「ありがとうございました」と挨拶も忘れずに!
  • 面接終了後の切断も企業に任せて切断されるまで待ちましょう。面接終了後はお礼のメッセージを送るのもいいでしょう。

【インタビュー実例】

  1. サービス業界(又はフード業界など)で働こうと思った動機は?
  2. 接客業(又は調理業務など)に携わって心掛けていることは?
  3. (職歴を基に)○○ホテル(又は○○会社など)を志望した動機は?
  4. (職歴を基に)○○ホテル(又は○○会社など)を退社した理由は?
  5. 今回応募の当ホテル(又は当社など)に対しての印象は?
  6. 業務上、得意とすることは?
  7. 過去に貢献した仕事は?
  8. 当社に入社したら何ができるか ?(どんな貢献ができるか?)
  9. 将来の目標は?
  10. 最後に何か質問は?(もっともポピュラーで大事な質問です。下記の通り事前に準備することが必要です。)
    ※給与や休日、福利厚生などについて聞くことはあまりお勧めできません。面接の場でないと聞くことができないようなことを予め用意しておいて下さい。「特にありません」はもっての外、応募企業への興味や熱意が感じられないと思われます。応募企業のホームページで情報を得たり、事前見学を行うことで自然と質問したい ことが出てくるものです。

上記 10項目は実際の面接で採用担当者から質問されたデーターを基に抜粋いたしました。

【面接前の心得】

  1. 面接日時の確認 (当日まで体調を整える・変更希望は二日前までに連絡)
    ※面接当日の無断欠席は厳禁です。
  2. 面接予定の施設等の情報収集をする。
    ([1]施設や会社の印象 [2]ホームページなどで会社概要の確認)
  3. 面接官の質問に対し、結論から簡潔に笑顔で回答する。※ダラダラと話さない。返事は歯切れ良く。
  4. 自己紹介ができるようにしておく。(職歴を話す場合は簡潔に順序立てて話す)
  5. 職歴を基に[1]入社理由 [2]転職理由 [3]退職理由 [4]中長期目標 を話す訓練をする。
    ※[1]〜[4]の質問には正直に解答しそれぞれの理由に一貫性があれば尚良い。
  6. 職歴の退社から入社までの間隔が空いている場合は明確な理由を説明できるようにしておく。
  7. 専門知識(業界の現状や今後の動向について自分の意見をまとめておく)
  8. 長所、短所、ポリシー、ビジョン、自己PRなどを事前に用意しておく。
  9. 在籍していた事業所や部署、自分の実績などは、数字で答えられるようにしておく。
  10. 面接官から「最後に何か質問は? 」の問にはできるだけ質問を用意しておく。

最後に

後は笑顔を忘れずに気取らずいつもの自分でがんばってください。ご健闘をお祈りいたします


この記事を書いたのは

田中 恵

田中 恵

都内ビジネスホテルにて、オペレーター、ゲストリレーションを経験後、
(株)アイ・エヌ・ジー・エンタープライズに入社。現在は求人情報サイトのホテル求人ドットコム事務局にて求職者と採用企業とのコミュニケーション・マネジメントを担当しています。



ホテル採用.com

ホテル業界での転職をご希望する方々のための転職・派遣情報サイト

人材コンサルタントによる「採用に導くための」模擬面接(要 予約)が面接本番での自信となります。

ホテル求人ドットコム

企業の人事採用担当者がリアルタイムで直接発信する確かな求人情報サイト

応募から採否までの時間経過を意識し明確な答えを出します。