【初級編】ホテルスタッフに求められる心得とは何? 教えて!

Smiling Asian hotel manager giving flowers to customer

サービス業には様々な業種がありますが、ホテル業はその中でもより次元の高いサービスが期待されています。では高いレベルのサービスを実現するにはどのような心得(心構え)が必要なのでしょうか?今回はホテルスタッフに必要な心得をご案内していきたいと思います。

求められる心得とは?

ホテルスタッフには身に付けるべき心得というものがあります。勤務中、常に注意するべき心の準備ということです。ひとつは隅々にまで意識を行き渡らせる目配りと、目の前の事象だけに囚われない気配りなどでしょうか。お客様のちょっとした動作や視線などを機敏に感じてサポートができれば、ゲストの快適さも高まるはずです。ただ提供側の発想のサービスが必ずしも喜ばれるわけではありません。併せて相手の気持ちに寄り添うことも重要です。ゲストは求めたいサービスを口にしたり態度に示すとは限らないのです。「もし自分が相手の立場ならば」という思考が身に付いてれば、的確なサービスを提供することができるでしょう。業務上必要な知識や技能を身に付けていくことは勿論必要ですが、このような心得はホテルスタッフに欠かすことのできないスキルになります。

心得は努力次第で身につくもの

ホテルスタッフに向いている性格というものはあります。世話好きで人の役に立ちたいという精神に溢れる持ち主で、部活動などでいえば「選手」というより「マネージャー」のタイプでしょうか。ただ性格は元々持っている気質や育ってきた環境・しつけなどで形成されるため、そうそう変わるものではありません。ホテルスタッフに向いている性格を備えていればより良いとは思いますが、それ以上に必要なのは入社後に身に付けていく心得になります。心得に関しては常に意識をして努力をすることで身に付いてくるものです。または研修などを通じて体系的に学ぶことも可能です。努力次第では誰でも一流のホテルスタッフになる可能性があるということです。先ずは「ホテルで仕事をしてみたい」という意欲を持つことから始まります。ホテルにご興味を持っている方々は是非チャレンジをしてみて下さい。

この記事を書いたのは

okuizumi

奥泉 剛

大手ホテルチェーンの都内シティホテルにて、法人宴会セールスに従事。その後、派遣業界に身を投じ事務系や料飲系派遣の営業として勤務。現在は(株)INGにて転職相談責任者としてコーディネート業務



ホテル採用.com

ホテル業界での転職をご希望する方々のための転職・派遣情報サイト

人材コンサルタントによる「採用に導くための」模擬面接(要 予約)が面接本番での自信となります。

ホテル求人ドットコム

企業の人事採用担当者がリアルタイムで直接発信する確かな求人情報サイト

応募から採否までの時間経過を意識し明確な答えを出します。