ホテル管理システム(PMS)とは何?教えて!

ホテルで勤務している人でしたらご存じだと思いますが、ホテル管理システム(PMS)とは主に宿泊部門の管理システムを意味します。現在はシティホテルやビジネスホテルチェーン、大型リゾートホテルなどでは、ほぼ取り入れられています。多くのメーカーで開発されているシステムですが、共通した機能についての概要と、主要メーカー製品のそれぞれの違いについて解説したいと思います。

PMSとは?

PMSとはProperty Management Systemの略語で、ホテルや旅館などの宿泊施設の管理システムのことで、一般的には宿泊部門の管理システムを指します。PMSは宿泊予約や販売価格、残室数、料金清算といった客室に関する情報を一元管理できる仕組みになっているのが最大の特徴です。また宿泊者ごとに予約経路やメッセージ(申し送り・注意事項)などを入力する機能もあるため、集積されたデータを生かすことでスムーズな顧客対応や営業戦略に役立てることもできます。
近年では、外部の宿泊予約管理システムとPMSを連携させることにより、旅行会社やオンライントラベルエージェントなど外部から入る予約を残室数に合わせて自動的に取り込むこともできるようになりました。
PMS
国内ホテルではNEHOPSというシステム、海外や外資系ホテルではOPERAというシステムがよく使われます。それぞれについて特徴を見ていきましょう。

NEHOPSについて教えて!

NEHOPSは国内企業であるNECが開発・販売しているPMSです。
日本のメーカーが日本のホテル向けに開発したシステムなので、日本独自の事情に細やかに対応した作りになっており、主にシティホテルやビジネスホテルチェーンに利用されています。具体的な機能として宿泊部門のみならず、レストラン・宴会などの料飲部門を含む営業系の管理から、売上・売掛や購買などの管理系の管理も対応し、ホテル全体の顧客管理もできる総合管理システムになります。また使い勝手としても、スピーディーな対応を可能にするため操作手順も簡素化されています。更にエクセルにデータを取り込むことが容易で、これを活用することでデータの視認性が上がり業務の効率化が計れます。

OPERAについて教えて!

OPERAはアメリカのORACLEが開発したPMSです。ORACLEは世界各国にネットワークを持ち、あらゆる企業や法人向けに情報システムのソフト・ハードウエアを開発し、ソリューションやコンサルティングを行っている企業です。そのグローバル企業であるORACLEが各国に広めてきたホテル管理システムですので、OPERAは世界中のホテルで使用されており、PMSのデファクトスタンダードになっています。
OPERA
はアメリカが開発したシステムであるため、画面に表示されるのは全て英語になりますが、システムの内容的には日本のPMSと相似しています。ただNEHOPSなどに比べると、業務処理に要するアクションがひと手間多い傾向のようです。

NEHOPSOPERA、どちらのPMSに優位性があるということではなく、おおむね外資系ホテルと国内系ホテルで住み分けがされているということになります。ホテル業界での転職の際、NEHOPSまたはOPERAを使用した経験があると、転職活動が優位に働くことが多くあります。

この記事を書いたのは

okuizumi

奥泉 剛

大手ホテルチェーンの都内シティホテルにて、法人宴会セールスに従事。その後、派遣業界に身を投じ事務系や料飲系派遣の営業として勤務。現在は(株)INGにて転職相談責任者としてコーディネート業務



ホテル採用.com

ホテル業界での転職をご希望する方々のための転職・派遣情報サイト

人材コンサルタントによる「採用に導くための」模擬面接(要 予約)が面接本番での自信となります。

ホテル求人ドットコム

企業の人事採用担当者がリアルタイムで直接発信する確かな求人情報サイト

応募から採否までの時間経過を意識し明確な答えを出します。