正社員を積極採用するホテルは?教えて!

ホテル業界を大きく分類するとシティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテル、旅館の4つの業態カテゴリに分けられます。更に業態だけではなく、老舗のホテルもあれば、新規にオープンするホテル、外資系のラグジュアリーホテルなどという分け方もできます。では正社員を積極採用しているのはどんなホテルでしょうか。気になるところですよね。是非ご参考にして下さい

ホテルの求人傾向は?

ホテル業界は他の業界よりも転職者の比率が多いと言えるでしょう。また他ホテルの経験者を積極的に受け入れる環境でもあります。ただそれぞれの事情から採用時の雇用形態が業態によって様々です。一定の傾向がありますので解説していきましょう。

日系のシティホテルの求人は?

日系シティホテルの一般職の中途採用は契約社員からスタートすることが比較的に多いようです。同じような規模やグレードのホテル経験者の採用でも、環境に馴染めるか、実行力があるのかを見極めたいという事情があるからです。但し、入社して半年から3年後を目処に正社員登用を行っているケースが多いようです。また、管理職レベルの中途採用になると正社員での採用が多くなります。そもそも正社員が役職につくという規定があるホテルが多いですし、正社員での募集をかけないと管理職に相応しい優秀な人材を採用できない実状もあります。但し、当然のことながら厳しい選考を潜り抜ける必要があります。

外資系ホテルの求人は?

外資系ホテルの求人は正社員採用が多い傾向にあります。そもそも契約社員・正社員という区別がなく、月給社員(正社員)か時給社員(アルバイト・パート)かという区別になっています。ホテルで働いている若いスタッフの中でも英語力に自身のある方は、外資系ホテルに憧れがある人が多く、さらに正社員としての採用なので競争率は高い状況です。自ずと求められるスキルも高くなります。但し、前職のホテルが同等クラスの外資系ラグジュアリーホテルであり、求めるキャリアとスキルが一致する場合は採用選考に進み易いと言えます。また、専門性が高い職務(人事・経理・調理など)であれば、ホテル業界経験者に限らず他業界からの転職者も正社員採用されることもあります。

ビジネスホテルの求人は?

ビジネスホテルはインバウンド(外国人旅行客)からの宿泊需要を受けて建設ラッシュに沸いていますが、オープンはしたものの人手が足りないという実状を抱えています。そのため待遇面を着実に改善している傾向にあり正社員採用が増えています。但し、都内から関東近郊・地方都市まで広範囲にチェーン展開しているビジネスホテルもあり、正社員で採用された場合、地方都市への転勤も視野に入れる必要があります。最近では転勤リスクが伴わない「地域限定社員」制度を導入するビジネスホテルチェーンも増えてきましたので事前に確認しておくことが必要です。

リゾートホテル・旅館の求人は?

リゾートホテルや旅館はビーチラインや高原避暑地、温泉地など、自然が豊かな景勝地  にあることが特徴です。その自然環境に憧れて転職を希望する方もいますが、実際に働いてみると業務の範囲が広く、ゼネラリストとして多種多様な業務を任せられます。トップシーズンとなる繁忙期の勤務体系は早朝から夜間まで長時間拘束となりますが、日中に中抜け時間を与えられ一旦寮に戻り数時間の休憩を取ります。  また生活環境が不便なことや人間関係が限定的になることもあり定着率が低く、人手を確保し辛い傾向にあります。そのためリゾートホテルや旅館では長く勤めてもらえるよう正社員採用が多くなります。また繁忙期となるトップシーズンには期間限定のアルバイト採用などを多数採用する傾向にあります。

新規オープンホテルは?

新規オープンのホテルは、オープン期日までに全社員を揃え、研修や教育訓練を終えなければならないため、正社員の一括採用を実施します。オープニングスタッフは混成チームですので、オペレーションが落ち着くまで混乱することが多いようです。

このように雇用形態は、ホテルの業態などによって傾向が分かれています。しかし業態によって提供するサービスが異なりますので、どのような雇用形態で働くかも重要ではありますが、自分がどのような場所で、どのようなサービスを提供したいのかによってホテルを選ぶことも重要でしょう。上記を参考に、自分にぴったりな求人を探してみてください。

この記事を書いたのは

okuizumi

奥泉 剛

大手ホテルチェーンの都内シティホテルにて、法人宴会セールスに従事。その後、派遣業界に身を投じ事務系や料飲系派遣の営業として勤務。現在は(株)INGにて転職相談責任者としてコーディネート業務



ホテル採用.com

ホテル業界での転職をご希望する方々のための転職・派遣情報サイト

人材コンサルタントによる「採用に導くための」模擬面接(要 予約)が面接本番での自信となります。

ホテル求人ドットコム

企業の人事採用担当者がリアルタイムで直接発信する確かな求人情報サイト

応募から採否までの時間経過を意識し明確な答えを出します。